本文へスキップ

株式評価について、純資産方式、併用方式を採用した判例をご紹介します。会社の引継ぎにお悩みの方は、中小企業のM&A・事業承継に強いサンベル法律事務所にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分〜17時30分

1 M&A、事業承継の株価評価に関する判例(1)

M&A・事業承継に強い、中小企業のための弁護士です。

会社の引継ぎにお悩みの経営者の方は、サンベル法律事務所にご相談下さい。会社の引継ぎ、承継には、M&A、事業承継に強い弁護士を関与させるべきです。


【M&A・事業承継の弁護士費用(詳細は弁護士費用のページへ)】
・ M&A・事業承継の相談
   60分     1万円

相談のみのご依頼も歓迎します。
・ M&A・事業承継の総合的なサポート業務
   着手金    40万円
   成功報酬金  経済的利益または売買代金額の5%
          (※ 最低成功報酬金40万円)

M&A・事業承継の総合的助言、買手の紹介、企業価値評価、代理交渉、窓口対応、各種契約書等の作成などを行い、総合的にサポートします。

弁護士鈴木が力を入れているM&A・事業承継のコラムです。

まず非上場株式の株価評価のコラム、株価評価の判例紹介のコラムの一覧をご紹介します。その上で、株式評価について、併用方式を採用した判例、純資産方式を採用した判例をご紹介致します。内容は、中小企業庁の公表資料「経営承継法における非上場株式等評価ガイドライン(平成21年2月,中小企業庁)」に基づいており、弁護士鈴木が適宜編集等しています。

 非上場株式の株価評価のコラム

1  株価評価:収益方式 純資産方式 比準方式
2  収益方式による株価評価(1):収益方式の種類
3  収益方式による株価評価(2):収益方式選択の留意事項
4  純資産方式による株価評価とその留意事項
5  比準方式による株価評価とその留意事項
6  国税庁方式による株価評価とその留意事項
7  併用方式による株価評価と評価方式に関する裁判例

 株価評価の判例紹介のコラム

1  純資産方式を採用した判例
2  配当還元価額を類似会社の配当性向で修正した判例
3  併用方式(純資産7、収益還元3)を採用した判例
4  ゴードンモデルを採用した判例
5  併用方式(配当還元6、純資産・収益還元各2)の判例
6  併用方式(配当還元方式7、時価純資産方式3)の判例
7  併用方式(配当還元方式5、純資産方式5)の判例
8  株式評価の方法に関する考え方を論じる判例
9  DCF方式、ベンチャー企業の株式評価の判例
10 新株発行の株価評価の判例
11 類似業種比準方式を併用した判例
12 新株発行の差止仮処分申立事件の株式評価の判例


併用方式を採用した裁判例

 京都地裁昭和62年5月18日決定:事案の概要

 本件会社は、昭和51年1月に設立された各種織物製造販売を業とする株式会社であり、発行済株式総数は1000株で、○○一族が全株式を所有する同族会社である。
 本件会社の最終貸借対照表上の純資産額は5億0245万8940円であり、業績が悪化しているものの、立直りが困難と断ずるほど深刻ではない。
 本件会社の株主Aは、その所有する本件会社の株式110株(11%)を譲渡するに際し、昭和60年9月20日付け書面をもって同会社に承認を求めたが、同会社はこれを承認せず、B社を買取人と指定した。
 なお、B社は、○○一族が経営する会社であり、本件会社の株式115株を所有する株主であるが、当該株式は、昭和60年5月24日に、Aから1株当たり43万5225円で買い取ったものである。

 裁判所の判断

 鑑定人○○○○は株式評価鑑定書において、本件の場合株式の価格は営業の一部の譲渡であると考えるのが適当であるから帳簿価格による純資産価額方式以外の方式を採用するのは適切でないとし、又市場性がないことによる減価率20%を減ずべきである、として株式価格を算定している。
 しかしながら、継続中の企業の資産の価額は必ずしも企業価値を表示するものではなく、したがって株式の価値を直接明らかにするものではないのであって、純資産価額方式も理論上の一方式とはいえるけれどもその一つにすぎないから、これのみを採用して他の方式を排斥するのは本件の場合適切でなく、又市場性がないとして算定した価額から更に減価するのは、もともと市場価格のない株式の評価をするに当たっては理由のないことといわねばならないし、減価率の数値の根拠も不明というほかない。
 本件においては、前記諸般の事情を斟酌すれば右各方式を併用するのが妥当というべきであって、本件会社が同族閉鎖会社であり、当事者双方が経営支配株主といえること、昭和60年5月24日には同会社の株式につき当事者間において1株43万5225円とする売買が成立したことがあることを考慮し、純資産価額、類似業種比準価額、収益還元価額、配当還元価額の割合を2・1・1・1とした加重平均値を基準値とするのが相当である。

純資産方式を採用した裁判例

 青森地裁昭和62年6月3日決定:事案の概要

 本件会社は、発行済株式総数18万株の株式会社であり、昭和59年6月30日現在の純資産額は8970万6248円である。
 Aは、その所有する本件会社の株式約3万株(16%)を譲渡するに際し、昭和59年10月2日及び29日付け書面をもって同会社に承認を求めたが、同会社はこれを承認せず、Bを買取人と指定した。

 裁判所の判断

 本件株式の売買価格につき検討するに、鑑定人○○○○の鑑定結果によれば、右価格は1株につき金1095円と認めるのが相当である。右鑑定結果によると、株式の評価方法については、@純資産価額方式、A配当還元方式、B類似会社業種比準価額方式の各方式が考えられるが、本件株式の価格を算定するについては純資産価額方式すなわち一定時点において会社に帰属する一切の財産を時価により評価し、積極財産から消極財産を控除した残額(正味財産)を発行済み株式総数で除した金額をもって評価額とする方法によって評価するのが最良であるとし、その理由とするところは、株式の評価をする場合、株式に包含される権利として利益配当請求権、残余財産分配請求権、議決権などがあるが利益配当請求権は将来の営業利益に左右され、これは又、市況、経営者及び労働者の能力等にかかわるものであって不確定な要素が多く、これをもって株式の評価額を決定することは困難かつ確実性に欠けること、議決権は共益権であり財産的評価に馴染まないことから右権利をもって評価の対象とすることは相当でないこと、残余財産分配請求権については一定時点において会社に帰属する財産(正味財産)の評価であるからその範囲が明確である以上は評価可能であり、その評価は純資産価額方式によって評価するのが最良であるというのであって、右鑑定結果が理由とするところは至当というべきである。加えて、本件記録によれば、本件会社は昭和53年以降株主に配当をしていない無配会社であることが認められ、無配会社については前記配当還元方式による株式の評価は適切でないこと、また、本件会社の特殊性から同種会社を抽出することが容易でなく、前記類似会社業種比準価額方式によることも困難であると思料され、これらの点からも鑑定結果が純資産価額方式を採用したことは相当であると解される。そして、本件記録に現れた資料を総合すると、右鑑定結果において採られた資産評価の方法、演算はいずれも相当であり、その評価額は適正なものと認められる。


会社の引継ぎ、M&A、株式評価、株価評価に悩んでいる中小企業の経営者の方は、迷わずお電話を下さい。1時間1万円(税別)の有料でのご相談となりますが、状況などを十分に確認聴取した上で、解決方法などを具体的にアドバイス致します。



SUNBELL LAW OFFICE純資産方式

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438

弁護士鈴木陽介書籍裁判例

書籍:歯科医院の事業承継とM&A

学建書院,2016年